万葉ホール

芝生の向こうに刈羽三山を見渡す景色を楽しむ空間づくりと来園者を招くような佇まいを目指し、折り紙のような立体的なCLT屋根を宙に浮かべる計画とした。カラマツ集成材のフレームを外周のガラススクリーンに対して45度に配置することで視線が四方へと滑り出す。45度振れたフレームとCLT折板屋根の組み合わせは、ガラススクリーンの上部に桁梁を不要として屋根を軽く見せている。杉CLTの屋根と唐松集成材のフレームを現しとした室内は、通気+外断熱の屋根と深い軒により木の香りがする解放的で居心地の良い空間となった。

竣 工 年 :2019年7月
用  途:休憩所
構  造:木造
階  数:地上1階
建築面積:95.31
延床面積:65.48
所 在 地 :新潟県柏崎市