十津川復興 高森のいえ高齢者向け住宅棟

高齢単身者が、個々の暮らしを尊重しながらも、お互いに助け合い支え合う関係が生まれるような空間構成が求められた。
10世帯5棟の長屋が、菜園と池のある中庭を囲みながら、雁木によって子育て世帯用住宅、集会施設へとつながる。雁木は雨天時の通路としてだけでなく、日常的な近所付き合いの場である。雁木に面するDKの掃き出し窓を介し、茶の間、中庭へと視線が抜けることにより、暮らしの気配が感じられる構成としている。

竣 工 年 :2017年3月
用  途:住宅
構  造:木造 一部RC造
階  数:地上1階
建築面積:114.18㎡~130.49㎡
延床面積:108.66㎡~124.18㎡
所 在 地 :奈良県十津川村