多賀城災害公営公社

2011年3月11日の東日本大震災で被災した多賀城市の災害公営住宅160戸の整備。桜木地区は浸水被害を受けた地区での現地再建であり、4棟を2階レベルのデッキで接続し、隣接地で被災した〈保育所〉を併設、大きな〈集会所〉とデッキに面して〈みんなのリビング〉を各棟1ヶ所、〈高齢者生活相談所〉を複合的に整備した。

竣 工 年 :
用  途:共同住宅(災害公営住宅)
建築面積: 4782㎡
延床面積: 15166.07㎡
構  造:RC造
階  数:地上6階
所 在 地 :宮城県多賀城市桜木