山古志の復興モデル住宅

2004年の中越地震で被災した旧山古志村の方々のための住宅再建モデルとして建設された2つの試作棟。自然落雪屋根、棚田の風景になじむ下見板張りの外観、積雪時にも明るい吹抜け、県産杉を活用した真壁造りの内観が特徴。高齢者の2人暮らしを想定し、間口4間×奥行4間の2~3階建てで、1100~1200万円の低コストを実現した。

竣 工 年 :2006年12月
用  途:住宅
構  造:木造 一部RC造
階  数:①地上1階 ②地上3階
建築面積:①低床モデル:66.24㎡ ②高床モデル:52.99㎡
延床面積:①92.73㎡ ②141.45㎡
所 在 地 :新潟県長岡市