男山本店店舗

昭和4年の気仙沼大火の復興期に建てられた木造3階建の酒造店舗の復原である。東日本大震災の津波被害により、1、2階部分は倒壊し、3階部分のみが原位置に残った。震災後は建物の復原を前提として解体格納し、店舗としての主たる機能や平面形状は保全しつつ、2階を賃貸用スペースとして改修、3階部分には復原工事の記録や震災の記憶を展示、活用する機能を取り入れた地域のランドマークを復原した。国登録有形文化財・気仙沼市指定有形文化財。

竣 工 年 :2020年07月
用  途:店舗
構  造:木造一部鉄骨造
階  数:地上3階
建築面積:88.1㎡
延床面積:233.7㎡
所 在 地 :宮城県気仙沼市