岡田三郎助アトリエ移築

佐賀県出身の洋画家「岡田三郎助」が明治40年頃に東京都渋谷区恵比寿に建てたアトリエは、没する昭和14年までの永きにわたり、制作の拠点として数々の名作を生み出し、画塾「女子美術研究所」の教室として多数の画家を輩出。生誕地である佐賀県に移築し、その功績を顕彰し、保存・活用するための解体及び復原整備を行い、県民に広く活用され、親しまれている。

竣 工 年 :2018年3月
用  途:博物館・美術館
構  造:木造一部鉄骨造
階  数:地上1階(一部2階)
建築面積:256.53㎡
延床面積:217.98㎡(アトリエ+テラス+渡り廊下)
所 在 地 :佐賀県佐賀市